So-net無料ブログ作成
検索選択

巻上パイプの補修について [ハウスのコツ]

ハウスの巻上パイプ、冬の間に中に水が入って凍って破裂して壊れた!
どうしよう!




被覆がある場合

被覆が黒・・・パイライン巻き上げパイプストロング。
        破裂して折れることは私の知る範囲で事例はないので、安心してご利用ください。

被覆が緑・・・パイライン巻き上げパイプ、従来品。
        思い切って、全部取り替えてください。黒い被覆の巻上パイプがおすすめです。

どちらのパイプも、スエジ部分以外では19mm用の差込ジョイントが入ります(※)が、
そこからまた破損すると思われるので、おすすめしません。

(※新潟県内において)






被覆なしの場合 できれば黒い被覆の巻上パイプに交換してください。

直径19mm・・・19mm用差込ジョイントまたは15.9mm径のパイプを差込んで、
          テクスビスを2か所以上打ってください。
         または誠和。の19mm用外ジョイントでしっかり固定してください。

直径22mm・・・22mm用差込ジョイントまたは19mm径のパイプを差込んで、
          テクスビスを2か所以上打ってください。
         または誠和。の22mm用外ジョイントでしっかり固定してください。



RIMG1108.jpg
水が凍って破裂した緑色の被覆巻上パイプ。
いずれ折れてフィルムを傷つけるので、黒い巻上パイプに交換した方がいいでしょう。
緑のパイライン巻き上げパイプは、錆びて劣化して、凍結破損しやすくなっています。


RIMG1145.jpg
19mm直管の巻上。
このハウスは強風の影響なのか、力のかかり具合がおかしく、
後に引っ張られてテクスビスが外れました。
こちらも黒い巻上パイプに交換した方がいいです。
ここだけ補修しても、こうなる巻上パイプはまた数年で破損します。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0