So-net無料ブログ作成

養液土耕S1P機 雷が落ちてポンプまたは基盤が壊れたと思われるときの対応 [養液土耕]

OATアグリオ(大塚化学)の養液土耕栽培装置、
S1Pシリーズの液肥混入ポンプ(青と赤のツートンカラーのアレ)について、
雷で壊れることがごくたまにあります。
どこが壊れているか、という優先度で行くと、私の経験上

ポンプヘッド > ポンプ本体 > 基盤

のように思います。
メーカーの方の意見はまた違うかもしれませんが・・・。






DSC_4939.jpg

ポンプヘッドに上記のとおりEXTの表示ががされない
・・・ポンプヘッドが壊れているので、交換。

ポンプヘッドを交換したが、液肥を吸わない。
・・・ポンプヘッドの配線について、通常Aポンプ回路になっているが、Bポンプ回路に接続する。
  それで動けば、基盤のA回路が雷にやられているので、基盤を修理。

ポンプヘッドを交換して、B回路でも液肥を吸わない。
・・・ポンプ本体を交換してみる。(どこかからポンプヘッドとポンプ本体を借りてくる)
  A回路のまま、それで動けば、ポンプをまるごと新品に入れ替える。※
・・・基盤を交換してみる。(どこからか基盤を借りてくる)
  正常に作動すれば、基盤を修理に出す。
  作動しない場合、ポンプ本体に原因があると思われる。上記※の作業を行う。




さて、そのポンプヘッドですが、
ポンプヘッド単体で注文すると配線が完璧にはされていません。
1.2.3はされていますが、4.6は現場に行く前に準備していた方がいいでしょう。

20180411_011921734_iOS.jpg
1.緑 2.黒 3.白 (当初よりあり)  4.白 6.黒(当社で接続)



ポンプヘッドと本体、まるごと注文すると、全て配線がしてありますが、
配線の色がヘッド単体の場合と変わっていることがあるので、注意が必要です。

20180420_071003657_iOS.jpg
1.赤 2.白 3.黒 4.白 6.黒



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。