So-net無料ブログ作成
検索選択
ハウスの水まわり ブログトップ
前の10件 | -

ちょっと位置が高いミストエース設置例 [ハウスの水まわり]

IMG_2154.jpg
間口3.5間(6.3m)の育苗ハウス。
ミストエースS72を設置して潅水を行っています。




続きを読む


散水亭半円楽の調整 [ハウスの水まわり]

2013-04-03 17.51.33.jpg
ハウスサイドからの潅水、サンホープの半円楽。
MPローテーターというスプリンクラーの起点が非常にわかりずらいです。


2013-04-16 13.40.58.jpg
根元のギザギザの部分が、一部だけ平らになっている。
そこが起点です。
明るい色の油性ペンで印をつけるとわかりやすいと思います。









続きを読む


住化農業資材のネオドリップは、正しく接続しましょう [ハウスの水まわり]

IMG_1424.jpg
潅水チューブの大手、住化農業資材株式会社さんの新商品、ネオドリップ。
チューブから15cmまで水が飛びます。
上下に穴が有り、まずはじんわり下の穴から水が出た後、上からピューッと水が出ます。
点滴チューブよりも広く水を撒けます。


続きを読む


住化農業資材の、複数パーツで1個扱いする部品 [ハウスの水まわり]

住化農業資材の灌水チューブの部品で、
2個以上のパーツで1個(1組)として扱う商品がいくつかあります。



続きを読む


青と紫 [ハウスの水まわり]

20090422 ウェーブ青と紫.jpg
#230ウェーブカラーメッシュ付ジャンパー、という商品。
色はブルーとパープルの2種類あります。



続きを読む


砂漠緑化用の点滴灌水チューブ [ハウスの水まわり]

R0011477.jpg
UAEのドバイ。もともと砂漠だったところに、無理やりビルが建ち、道路が走ります。

続きを読む


水道とスミサンスイをつなげる方法 [ハウスの水まわり]

いわゆるフツーの水道(のホース)とスミサンスイMをつなげたい。
あまりない状況ですが、ワンランク上の家庭菜園を志す方が
時折試したいという声を上げる要望です。
そんなときに使う道具は、以下のとおり。


20080808 ワンタッチニップル接続.jpg
写真左から、
ミスト20ニップル、塩ビ管ソケット20、ワンタッチニップル20
となります。

20080808 ワンタッチニップル接続 (1).jpg
くっつけるとこんな感じ。
ミスト20ニップルの先に、いわゆるフツーの水道ホースが入ります。
フツーの水道ホースは、内径15mmです。
一応ホースバンドも使ってください。


ワンタッチニップルの使い方。

20080808 ワンタッチニップル接続 (2).jpg
リングを外した状態で、スミサンスイをかぶせます。

20080808 ワンタッチニップル接続 (3).jpg
リングをかぶせ、スミサンスイをひっぱると、
ワンタッチニップルのゴムとリングがガッチリとひっかかって外れません。


サンホープ アーカル技術セミナー [ハウスの水まわり]

2007年9月5日水曜日、千葉県の幕張メッセ国際会議場にて
サンホープ主催の技術セミナーがありました。
午後はろ過装置メーカー・アーカル社。
灌水用の水は95%がリサイクルされた水だ、というイスラエルのメーカーです。
サンホープとは1978年からの付き合いで、もう30年近くになるそうです。

まず、ディスクフィルターがメディアフィルター(土やら石やらを使った、
サバイバルとかで作りそうなろ過装置)やスクリーンフィルター(いわゆる網です)
よりも優れていることについて説明を受けました。
ろ過の処理時間、耐久性などがそれらよりも優れているそうです。


ディスクのメッシュは色によってサイズ分けされています。
青がいちばん粗く40メッシュ(400ミクロン)、粗い砂・スプリンクラー用、
黄色が80メッシュ(200ミクロン)、砂・マイクロスプリンクラー用、
赤が120メッシュ(130ミクロン)、細かい砂・灌水及び点滴チューブ用、
ここにはありませんが黒が140メッシュ(100ミクロン)、
緑200メッシュ(55ミクロン)、
灰色600メッシュ(20ミクロン)。灰色は工業用、特殊用途です。
我々農業資材屋が取り扱うのは、主に赤いディスクフィルターになります。

流量を減らすと、ろ過精度は上がります。
システム設計時は機材に余裕を持った方がいいそうです。


次に説明を聞いたのは、自動逆洗ディスクフィルター・スピンクリンについて。
フィルターの外と内の差圧が大きくなると自動的にクリーニングします。


ろ過を止めてはダメなところはこのような2連(以上)式を使います。
片方逆洗している間に、もう片方がろ過できるからです。




アーカルの商品郡。


ではまた。


サンホープ ドサトロン技術セミナー [ハウスの水まわり]

2007年9月5日水曜日、千葉県の幕張メッセ国際会議場にて
サンホープ主催の技術セミナーがありました。
午前は液肥混入器のメーカー・ドサトロン社、午後はろ過装置メーカー・アーカル社。

まずはドサトロン。フランスの会社です。
農業以外にも工業、医療、食品消毒のラインにも使われています。


電源が無くても自動で液肥や薬品を混入できます。
しくみは、

入口から本体に水を通すと、ピストンが往復運動し、
これに連接したロッドの先端にセットされた注入ピストンが薬液を吸い上げ、
本体内部に入って混合して吐出されます。
水の圧力だけでいいわけです。

本体根元のインジェクション(というのでしょうか)を動かすと、
混入倍率を変えることができます。
また、ドサトロンは基本的に工具を使わずに分解できます。
説明会では分解してまた組み立てたりしていました。


商品ラインナップ。

DR-20。

簡易溶液土耕栽培システムヘッド(コンパクトタイプ)。

質疑応答の時間に、興味深い質問が2つ出ました。

1、海水には使えるか?
現在、部品の一部がステンレス製であり、あまりおすすめしない。
来年オール樹脂製の商品が発売予定、そちらを使ってくださいとのこと。
たいていのドサトロンは青いボディですが、オール樹脂は白いボディになるそうです。

2、土壌消毒にも使えるか?
DR-6という機種なら、クロピクに使っている実績があるそうです。
ただ、使用後は真水を通し、被爆しないように要注意です。
必ず手袋とゴーグルをつけてメンテナンスするようにとのことでした。


以上、ドサトロンでした。


サンホープスプリンクラーDN-884Aについて [ハウスの水まわり]


スティック式ポータブルセットの、間口3.5間x奥行き10間用セットを注文して、
最初は赤ノズル、数ヵ月後に同じような注文をしたときには黄ノズルが
来てしまいました。


DN-884A赤ノズル。


DN-884A黄ノズル。


根元の黄色や赤がノズルの色です。
指でつまんている回転部の赤は違います。回転部はスプレダーと言います。

赤いノズルはポンプ水源用、
黄色ノズルは水道用だそうです。
注文時にとくに指定がない場合は黄色ノズルで出荷だとか。
そういう注意事項はカタログにもっと大きく書いてください!
どうせ注意を見ない我々注文者が悪いんですよ Y(>_<、)Y


前の10件 | - ハウスの水まわり ブログトップ