So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
包装資材 ブログトップ
前の10件 | -

鮮度保持袋、P-プラスブドウ用 秋の新色 [包装資材]

20180910_084809290_iOS.jpg
鮮度保持袋、P-プラス。
そのブドウ用があります。
表面は透明で、裏面が紫色の和紙柄となっています。


PY103.jpg
こちらは同じくブドウ用の緑色のもの。
先ほどのものと同様に、表面は透明で、裏面は黄緑色の和紙柄となっています。





続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

アスパラテープのサイズと色 [包装資材]

アスパラテープのサイズと色。



続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ジャパンパック2009に行ってきた [包装資材]

R0012109.jpg
包装機械の展示会、ジャパンパックに行ってきました。


続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

アンティークおびまる [包装資材]

IMG_0764.jpg
マックスの野菜結束機、おびまる。
現行モデルのHT-M2ではない、相当古い型式のものです。
このタイプはメーカーのマックスでも修理ができませんので
何卒ご了承ください。



続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

おびまるHT-M2 貸出機あります [包装資材]

IMG_0295.jpg
MAXの野菜結束機・おびまるHT-M2。
4,5年くらい使うと、ギヤ部分が疲弊して交換・修理となります。
当社では修理中の代替機を用意しています。


IMG_0297.jpg
部品名・テーブル。
この部分が返却されないことがたまにあります。
代替機ご返却の際は、テーブルがついているか今一度ご確認ください。
よろしく御願い申し上げます。


続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

イチゴ用贅沢包装資材 [包装資材]

イチゴは従来300g(115x165mm)のパックに
2段に詰めることが多かったですが、
近年は1円でも高く売ろうとする有利販売のため、産地・品種が多様化し
また我々のライフスタイルの変化とともに、
イチゴのパックも多様化してきました。


続きを読む


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

マックスのおびまるHT-M2、よく交換する箇所 [包装資材]

ネギや切花の結束に、MAXのおびまるHT-M2を使います。
よく修理する箇所がコチラ。


ゴムローラーの陰に隠れている、ギザバ。
テープの切れが悪くなったら交換です。
やっとこで刃を鋏み引き抜いて換えます。



部品№54、ヒッパリバネ4061という部品。大きいバネです。
これがたまに折れたりするので交換。



部品№85、ゴムローラー。
ゴムローラーの中心は、部品№84ローラーピン。
それを支えるのは、部品№83のローラージクウケユニット。
2本の小さいバネは部品№82のアッシュクバネ4011です。



非常にわかりにくいですが、部品№14のピニオンAユニットと
部品№15のピニオンBユニット。
いわゆるギヤ、歯車です。
部品№13のOリング1シュAP14も換えたりします。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ポリの米袋に名前を箔押し [包装資材]


新潟ではメジャーな印刷米袋、「山小屋」。
通常は販売者のところは空白で、みなさんシールを貼ったりしていますが、
当社では100枚単位より印刷を承ることができます。


箔押し機と呼ばれる機械で、印刷します。
浮き出た文字の迫力がなんともイイ仕上がり。
(販売者が当社・江口屋となっていますが、これはあくまでも見本で、
 江口屋ではお米の販売は行っておりません)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

イチゴダンボールが2段入る手さげ [包装資材]


大型手さげ、新発売。イチゴダンボールが2段、ラクに入ります。
直売所やスーパーで箱買いした際、ダンボール箱を抱えていては、
車のドアを開けることが困難です。
手提げに入っていれば、確実に片手はフリーとなり、車や玄関のドア開け閉めもラクラク。
ちょっとした心遣いが、お客さんのリピーター化につながるのです。


ブドウの箱も余裕!2kgの野菜や果物が入っているダンボールなら、
だいたい入る手提げです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

茶豆でマメな運転を。 [包装資材]

新潟市西区、バイパス亀貝インターを降りて走っていたら、
警察に車を止められました。
「スピード違反したかな・・・」と思ったら、
交通事故防止運動のキャンペーンだそうで、
チラシと黒埼茶豆をもらいました。

マメな運転をしてください、とのことでした。


使っている袋は、鮮度保持袋・P-プラス。
枝豆は呼吸と蒸散の激しい野菜です。
呼吸が激しいと、自身の持つ糖分を二酸化炭素として吐き出すため、
糖分が減る=まずくなります。
P-プラスには微細な穴が空いており、この穴が枝豆の呼吸をおさえる働きをします。
つまり、P-プラスは枝豆の糖分があまり減らずに保存できるのです。
冷蔵庫保存で1週間くらいならおいしく食べることができます。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の10件 | - 包装資材 ブログトップ